*

武春師匠の代演、「大忘年会」を終えて。長くてすみません。

公開日: : ご挨拶・御礼, 最新の投稿

「武春師匠が、リハーサル中に倒れたらしい」

という話を聞いたのは、今月12日、渋谷らくごの出番で楽屋入りした直後でした。

前日、理事会でご一緒で、全くいつものようでしたので、すぐには信じられず、ただ、「独演会が中止になった」という事実は、単なる風邪や体調不良ではない、と想像せざるをえず。

ピックを持っていた手が痺れて、動かなくなってしまった、という状況を聞いた時に、「軽い脳梗塞かもしれない…」と自分の中で想像したのですが、翌日になって聞いた詳細は、「脳出血」という、自分なりにしていた悪い想像を、さらに超えたものでした。

少し前に、別の師匠が脳出血になってしまい、今もリハビリを続けているみたいなんですが、なかなか復帰は難しいという話を聞いていて、今回、武春師匠が同じ「脳出血」だとすると、数年前の休養よりも、さらに時間がかかってしまうと。いや、もしかしたら、復帰自体、難しいなんてこともあるのかもしれない…と、過去の経験から、どこかで最悪の事態を考える自分。そして、それを超える現実でした。

師匠福太郎も、ある日突然にこの世を去り、私の父も3年前に突然でした。そして、武春師匠も全く突然に。

「長年看病していても、亡くなられて、これで良かったなんてことはない」

と経験した方から聞いたことがあります。

それに全く反論するつもりもありません。ただ、「死の気配が微塵もなかった人が、ある日突然、全く理不尽に目の前からいなくなる」という経験は、遺された人間に、悲しみとも別の、無常観と言いますか、なんとも言えないものを一生心に残すと言いますか。

さらに今回、お見舞いにも行けず、密葬のため、お顔さえ見られず、という経験は初めてでした。お顔が見られたから受け入れられる、ということもないでしょうが、亡くなってから、今に至るまで、涙一滴流れていません。

受け入れられない現実が、目の前に。いや、目の前に、なのかもわからないです。人づてに聞かされる、メールで知る、ツイッターで知る現実。

こう書いていて、我ながらまとまりのない文章だと思いつつ。。未だに何も整理も受け入れもできておりません。

と言って、じゃあ、飯も食えないほど、意気消沈してふさぎこんでいるのか。というと、割と淡々と生活しております。夜はちょっと寝付けませんが。

師匠福太郎の時にできた、心の中のよくわからない「穴」とでもいうんでしょうか、それが親父の時に大きくなり、今回で無限に広がってしまったような。でも、前からある穴なので、特にこれまでと変わりなく、これからも生活していけるのかな、ともどこかで感じられ。

平気といえば、平気だし。絶望といえば、多分どこまでも絶望。

桃太郎師匠が亡くなった時も涙は出なかったし、無意識に、完全な絶望にならないような防衛本能なのかわかりませんが、「生き死に」に期待しない、というと大げさかもしれませんが、「まあ、いつか死ぬし、いつかというか、人は全く唐突に死ぬし、でも、死んだら会えるし、生きている間も思えばいつでも会える」くらいの感覚といいますか。

なんとなく。

この9年近くの浪曲師人生。唐突なものもあれば、大往生も含めて、でも可愛がってくださった師匠方が何人も、本当に何人も次々になくなっていくという経験をして。

その結果からの死生観であり、絶望からくる開き直りとでもいうんでしょうか、そんな心境で迎えた「大忘年会」でした。

分不相応すぎる武春師匠の代演も、気負わずいつも通りに、いや、いつもより遊び多めくらいにやってしまい、さらに、得意でもない(機会があるので、たまにやってますが)司会で、後輩のみならず、先輩方、師匠方にまでツッコミを入れつつ、4時間近い第2部を進行できたのかなぁと、我ながら思っております。

もちろん、そんな風にできたのは、会場の、あの一体感。

奇跡みたいな一体感でしたね。今思い返しても夢みたいです。

多分、次回やっても、演者も会場も、あそこまで一体感は出ないでしょう。(来年またやるかもしれないのに、なんですが。。まあ、そこそこは盛り上がるとは思いますので、その折りには是非。ってなんじゃらほい)

その一体感は、「そんな置き土産いらねぇや!!!」と叫びたいですが、この公演の企画者であった武春師匠がもたらしてくださったもの。

 

武春師匠から頂いた演目、「大浦兼武」「原敬の友情」。そして、「太福のテーマ」。

 

「原敬の友情」は盛岡でやって以来、全くやっておりませんでしたが、これを機に…という言い方もなんだか相応しくない気がしますが、やります。どんどん。

そして、

これらのネタをやるたび、武春師匠の口演を知っているお客様は、いや、私自身が、どんな気分になるのでしょうか。

その度、武春師匠に会える。そんなセンチメンタルな話じゃないでしょうが、師匠のやっていたような演出に近づこうと、そこから離れようと、事実としてその中心には武春師匠の姿と声があり。

どんな気分になるのでしょうか。

どんな気分になろうと、生涯口演します。生きている限り。

あ、そして口演するだけじゃなくて、もっと大事なこと。誰かにつなげるということ。それはお約束します。まあ、私は今の所そんなにすぐには死なないんじゃないかなぁ?こんな下手な浪曲師のうちは。(と楽天的なマイナス思考の頭が言っております)

 

「大忘年会」。なんだか、今振り返っても夢見たいです。本当にあったのかなぁ。あったんだろうなぁ。

会だけでなく、武春師匠の訃報から、27日夢中で終えて今に至るまで、どこか夢みたいな感覚で、でもその感覚は、師匠福太郎が亡くなってから、今日まで続いているんだなぁ。

 

なんだか、最後までまとまらないなぁ。でも、まとめようともしません。読みにくいことでしょう。我慢じゃ!(笑)

 

最後に、お詫びと申しますか、ご報告と申しますか。

年賀状が、書けません。

とても「新年おめでとうございます」とは。

印刷で、業務的にやっちゃえばいけるのかもしれませんが、私は全て手書きなので、どうしても、書けません。

年明けてから、寒中見舞いにさせていただくか、遅ればせての「おめでとうございます」になるか、わかりませんが、今書いても何の気持ちもこもらないものになってしまうので、すみません。

 

まとまりのない長文。お読みいただき感謝申し上げます。

 

玉川太福拝

関連記事

H26.11mokuba

11月の予定

11月の予定でございます。宜しくお願い致します。 ------------------------

記事を読む

H29.8あかぎ寄席(表)

8月の予定でございます。(8/16更新)

8月の予定。取り急ぎ、公演情報のみですが、随時更新します。   3日(木)※ご

記事を読む

天保水滸伝車読みチラシ

今月の予定

今年の目標、ブログの存在を忘れない…!   「ブログを忘れる、すなわち、太福を

記事を読む

h28-11%e3%80%8c%e7%94%b7%e3%81%af%e3%81%a4%e3%82%89%e3%81%84%e3%82%88%e3%80%8d%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e4%bd%8e

11月5日「浪曲『男はつらいよ』を聴く会」浅草・木馬亭

11月5日(土)浅草・木馬亭にて「浪曲『男はつらいよ』を聴く会」を開催いたします。 木馬亭は1

記事を読む

H27.7木馬亭

今月の予定でございます。

4日(土)「浪曲定席木馬亭」 12時15分開演 11時45分開場 出演:東家孝太郎、玉川太福、

記事を読む

H27.6天どんと太福

「天どんと太福」特選ニッポリ演芸二人会

三遊亭天どん師匠とわたしという、大変光栄な機会を「落語カーネル之会」様よりいただきました。

記事を読む

no image

高円寺経済新聞さまに載せていただきました!

第二回西荻浪曲フェスティバルの記事、写真付きでございます!   「高円寺経済新

記事を読む

義士祭

三扇会、ご来場ありがとうございました

落語•講談•浪曲という3つの話芸で、毎回共通のテーマにてお送りする「三扇会」。 今回は、12月

記事を読む

no image

五月先生をしのぶ会

ご来場ありがとうございました。   一太郎さんとの掛け合い、5年ぶりの「五月一

記事を読む

no image

古河にて地酒と浪曲の宴

今年で11回目。2011年は震災で中止になったので、足掛け12年続けていただいている浪曲会に、呼んで

記事を読む

170119210413
すこ〜し先の予定でございます。

「会の情報は早いほどありがたい!」というご意見をいただきましたので、毎

auto-fj6xGq
1月の予定でございます。

まずは、公演情報のみですみません。定例の会、新企画。いろいろです。元日

DJ4aM4LUMAAWFw3.jpg-large
12月の予定でございます。(12/12更新)

ご案内文など追記しますが、まずは公演情報のみですみません。 &n

月例独演会2~4チラシ(ピンク)
「 玉川太福”月例”木馬亭独演会」のご案内

第一回玉川太福”月例”木馬亭独演会、無事に開催することが出来ました。

玉川太福(スタジオA)
【お仕事のご依頼・お問い合わせ】

【浪曲の口演】 ・古典演目…「忠臣蔵」「清水次郎長伝」などの侠客

jacketマザー
DVD「新世紀浪曲大全 玉川太福」通販のご案内

ご自宅でも玉川太福の浪曲をお楽しみいただけます。  

第11回なすかぼ二人会チラシ
11/18「第11回 東三楼・太福の なすかぼ二人会」お席ございます〜!

今月も半分まできましたが、なかなか濃い日々の連続で、一皮むけたようなそ

→もっと見る

PAGE TOP ↑