*

10年目に。

公開日: : ご挨拶・御礼, 最新の投稿

師匠に弟子入りのお願いをしたのが、9年前の3月5日。

 

初めての男の弟子と喜んでくれて、

「お前は男なんだから、2、3年で見込みがつかなかったら首だからな」

と初日に言われ。

 

そう私に言った師匠は、3ヶ月経たぬうちに、二度と会えぬ世界に行かれてしまい。

 

それから丸9年。

 

この世界にあって、「師匠がいない」という、浪曲界ではほんのわずかですが、

そう言った例もあるのですが、とはいえ、例外中の例外でしょう。

 

浪曲を聴き始めて半年で弟子入りして、その3ヶ月後には師匠がいない。(←文字にするとゾッとしますね笑)

 

よくやってこられたなぁ…我ながら。。

 

なんとかかんとか、今日まで浪曲師でこられたのは、

ひとえに皆さんのおかげでございます。

 

 

本当に、ありがとうございます。

 

 

私の目指す浪曲は、9年前と変わっておらず。

 

「大音で、心躍るような、迫力と楽しさに満ちた浪曲」

 

9年この世界で過ごしてきましたが、玉川福太郎に入門して良かったなぁと、心から思います。

 

明日から10年目。これまで以上の叱咤激励、ご後援のほど、どうかよろしくお願い申し上げます。

 

玉川太福 拝

 

写真は、木馬亭定席初舞台。(2007.11.10 @森幸一)

 

撮影森幸一015a

 

撮影森幸一017a

初々しい。。。

関連記事

POLA_No1

玉川太福『月例』木馬亭独演会(11/4)のお知らせ

タイトルの通りでございます。   11月から毎月、木馬亭の夜席で独演会を開催す

記事を読む

no image

2016年。一年間ありがとうございました。

今年も一年間、おつきあいくださいまして、本当にありがとうございました。   年

記事を読む

黄金週間十日間連続読みの会

黄金週間十日間連続読みの会

いよいよ、明後日からです。   演芸ファンのお客様の間ではすっかりお馴染みにな

記事を読む

Print

1月の予定でございます。

こんなに忙しいお正月…わたし、初めて(感涙)。。。   良い出だしに感謝。元日

記事を読む

170119210443

「舞台×ドキュメンタリー×浪曲師玉川太福譚」を終えて(後編)

通し稽古を見てから、19日の公開ゲネプロまで、部分的な稽古も含めて、一度も拝見しませんでした。

記事を読む

DJ4aM4LUMAAWFw3.jpg-large

12月の予定でございます。(12/12更新)

ご案内文など追記しますが、まずは公演情報のみですみません。   1日(金)

記事を読む

H26.9盛岡

今年も行きます、盛岡へ!

昨年、後援会長のご縁から、いきなり独演会を開催させていただき、 生まれ故郷でもないのに(むしろ

記事を読む

POLA_No1

11/4「玉川太福”月例”木馬亭独演会」ご予約の皆さまへ

ご予約のお客様へ   この度は、「第一回 玉川太福”月例”木馬亭独演会」にご予

記事を読む

3.21sanninkai_tira160122

「太福・智六・染吉 三人会」ご来場ありがとうございました!

昨日の「太福・智六・染吉 三人会」、無事に昼夜終えることができました。   前

記事を読む

no image

2月の予定でございます。(2/10更新)

1日(月) 「浪曲定席木馬亭」 12時15分開演 11時45分開場 出演:富士綾那、澤勇

記事を読む

170119210413
すこ〜し先の予定でございます。

「会の情報は早いほどありがたい!」というご意見をいただきましたので、毎

image1-2
1月の予定でございます。(1/18更新)

まずは、公演情報のみですみません。定例の会、新企画。いろいろです。元日

月例独演会2~4チラシ(ピンク)
「 玉川太福”月例”木馬亭独演会」のご案内

第一回玉川太福”月例”木馬亭独演会、無事に開催することが出来ました。

玉川太福(スタジオA)
【お仕事のご依頼・お問い合わせ】

【浪曲の口演】 ・古典演目…お馴染み「忠臣蔵」、「天保水滸伝

jacketマザー
DVD「新世紀浪曲大全 玉川太福」通販のご案内

ご自宅でも玉川太福の浪曲をお楽しみいただけます。  

171104200335
2017年。一年間ありがとうございました。

今年も一年間、お付き合いいただきまして有難うございます。

IMG_2665
たくさんのお祝いの言葉、ありがとうございます。

このたび、平成29年度(第72回)文化庁芸術祭・大衆芸能部門新人賞をい

第11回なすかぼ二人会チラシ
11/18「第11回 東三楼・太福の なすかぼ二人会」お席ございます〜!

今月も半分まできましたが、なかなか濃い日々の連続で、一皮むけたようなそ

→もっと見る

PAGE TOP ↑