*

今年もやります。浪曲チームHAIDAKOの国立公演7/17のご案内

今年で第4回を迎えます、「浪曲チームHAIDAKO」第4回公演。

 

これまで、12月の公演が続いておりましたが、

今年は7月の公演となりました。

 

昨年、勇人くんと幸太郎くんがそれぞれのご一門において、「年明け」されまして、

晴れて四人が、一本立ちとなっての今回の公演。そんなところもあり、

 

「祝」

 

とつけている次第でございます。

 

ぜひ、お祝いのつもりで駆けつけていただけましたら幸いでございます。

「浪曲チームHAIDAKO vol.4 〜祝!全員一本立ち記念!〜」

日時:平成28年7月17日(日) 18時30分開演 18時開場

会場:国立演芸場

木戸銭:予約3000円 当日3500円

番組:

澤勇人「左甚五郎 掛川宿」 曲師:佐藤貴美江

東家一太郎「恩讐藤戸渡り」 曲師:東家美

中入り

玉川太福「自転車水滸伝 ペダルとサドル」 曲師:玉川みね子

東家孝太郎「野狐三次 三次と両国」 曲師:水乃金魚

チケットは、

各出演者が持っておりますので、演者より直接お買い求め、またはご予約いただければ幸いでございます。

太福へのご予約は、

tamagawadaifuku@live.jp

090-8173-8948

まで、お名前と枚数をお知らせくださいませ。たくさん持ってますので、ご安心くださいませ。

H28.7ハイダコチラシ(表) H28.7ハイダコチラシ(裏)

お申し込み、ご来場心よりお待ちしております!

 

太福

関連記事

otoko-2-thumbnail2

男の・・・・・っ!!!

浪花節でございます。 チラシを見た浪曲ファンのお客様から、 「こういう企画を求めているん

記事を読む

no image

宣伝!宣伝!!

「浪曲とJAZZは、似ている」 と、よく表現されます。 私、あまりジャズには詳しくないの

記事を読む

H27.12「しゃべっちゃいなよ」チラシ

12月の予定でございます。

3日(木) 「浪曲定席木馬亭」 12時15分開演 11時45分開場 出演:港家小ゆき、澤

記事を読む

月例独演会2~4チラシ(ピンク)

「 玉川太福”月例”木馬亭独演会」のご案内

第一回玉川太福”月例”木馬亭独演会、無事に開催することが出来ました。 プログラムを作成

記事を読む

engei-thumbnail2

宣伝!!

毎年恒例、5月の国立演芸場「大演芸まつり」に、今年も出演させていただきます。 弟子入りの翌年、

記事を読む

POLA_No1

玉川太福『月例』木馬亭独演会(11/4)のお知らせ

タイトルの通りでございます。   11月から毎月、木馬亭の夜席で独演会を開催す

記事を読む

no image

天保水滸伝車読みの会、ご来場ありがとうございました!

感想…ただ一言、     愛山先生に痺れました。 &nb

記事を読む

170119144616

「舞台×ドキュメンタリー×浪曲師玉川太福譚」を終えて(前編)

1月19日から22日まで、「舞台×ドキュメンタリー 浪曲師玉川太福譚」にご来場くださいまして、心より

記事を読む

IMG_1540

「7/26こしら太福二人会」チラシコンテスト 審査開始!

9名の方が参加してくださっております。     http://

記事を読む

第11回なすかぼ二人会チラシ

11/18「第11回 東三楼・太福の なすかぼ二人会」お席ございます〜!

今月も半分まできましたが、なかなか濃い日々の連続で、一皮むけたようなそうでもないような。。 て

記事を読む

170119210413
すこ〜し先の予定でございます。

「会の情報は早いほどありがたい!」というご意見をいただきましたので、毎

auto-fj6xGq
1月の予定でございます。

まずは、公演情報のみですみません。定例の会、新企画。いろいろです。元日

DJ4aM4LUMAAWFw3.jpg-large
12月の予定でございます。(12/12更新)

ご案内文など追記しますが、まずは公演情報のみですみません。 &n

月例独演会2~4チラシ(ピンク)
「 玉川太福”月例”木馬亭独演会」のご案内

第一回玉川太福”月例”木馬亭独演会、無事に開催することが出来ました。

玉川太福(スタジオA)
【お仕事のご依頼・お問い合わせ】

【浪曲の口演】 ・古典演目…「忠臣蔵」「清水次郎長伝」などの侠客

jacketマザー
DVD「新世紀浪曲大全 玉川太福」通販のご案内

ご自宅でも玉川太福の浪曲をお楽しみいただけます。  

第11回なすかぼ二人会チラシ
11/18「第11回 東三楼・太福の なすかぼ二人会」お席ございます〜!

今月も半分まできましたが、なかなか濃い日々の連続で、一皮むけたようなそ

→もっと見る

PAGE TOP ↑