*

5月を振り返る。

毎月、新しい刺激やら、出会いやらご縁やらを頂いておりますが、

今月は、特にいろいろあったなぁと思い、思わず振り返ります。

 

まず、ゴールデンウィークの10日間連続読み。毎朝9時30分からという会。

合計500名近い集客がございました。

10日間すべて来てくださった方が、7、8名様。私の演目「青龍刀権次」7日間すべて来てくださった方は、14、5名はいらっしゃったと思います。

 

本当にありがとうございました。

 

あんなに、遅々として進まない物語に、辛抱強く付き合ってくださいました(笑)

一つの会で、6話までをぎゅーっと凝縮して口演したことはありましたが、連日、日を空けずに一席ずつ連続で、というのは初めての体験で、本当に勉強になりました。

まあ、勉強じゃなくて、毎日お客様にとって「面白かった!」という会でなくてはならないのですが、自分で振り返っても、山あり谷ありでしたね。。。

それでも、まあ、なんとか最終日までやれたのは、ご一緒してくださったのが、春陽兄さんだったというのも、本当に大きく。兄さんは、何度も連続読みをされてますから、そこはやっぱり、経験者としての落ち着き、ご一緒させていただく身として、同じ楽屋にいるだけで、安心感がめちゃめちゃありました。

あと、兄さんのお人柄。毎朝「おはよ〜」と言って、楽屋入りされた瞬間に、それだけで気がほぐれるような。そこから開演まで、毎朝5〜15分くらい、芸談から下ネタまで、私にとって本番前の癒しの時間だったことは間違いありません。時に、癒されすぎて、用意したマクラを完全に忘れたりもしました(笑)

 

師匠福太郎が、「青龍刀権次」に出会った時に、

『このネタをモノにできたら、俺も浪曲師としてやっていけるかもしれない』

と思ったという演目。

 

私にとっても、そういうネタがあるとすれば、それは自分で他のネタを見つけなければならない、とは思うのですが、

弟子として、師匠が愛した演目を「全編」というのは、30年ぶりくらい(おそらく。おかみさんも、覚えていらっしゃらないので(笑))に復活させられたのは、10年目に入った私にとっても、いろんな意味で記念すべき取り組みだったと思います。

こんな会、自分じゃ企画も集客もできません。神保町講談会さんの偉業です。この場を借りて、心より感謝申し上げます。

 

あと反省として。

 

やっぱり、演目として、現代のお客さまの前に披露するには、「面白くないところから始まって、ようやく面白いところで、また明日になります」という連続物のお約束があるにしても、あまりにも筋が進まないので(笑)。それを、どうやって、もっと納得してもらえるように聴かせられるか。

新たなハードルに、また取り組めたらと思います。そんなわけで、まだ全く白紙ですが、また連日で連続で、という会を必ずやります。また、その時はぜひ!

 

そしてそして、もう一つは、あかぎ寄席で始まった「清水次郎長伝」の連続読み。

今回、まずは二席口演しましたが、

「なぜ、これまで誰も『次郎長伝』の連続読みに取り組まなかったか」

「なぜ、広沢虎造は、死後50年経っても、一番身近な浪曲であり続けるのか」

みたいなことが、稽古から本番を通して、実感できました。

 

前者については、三代目虎造も存在したよ、とか、著作権について、とかいろいろご意見あると思いますが、私の実感からすると、

「虎造先生の節も啖呵も、頭の中に入りすぎているから」

ということが、まずあまりに大きいと。

それを、節回しやら台詞回しやらを、変えて口演するということは、演者にとっても、お客様にとっても、「非常に違和感のある体験」であるということ。

おなじみの文句、言葉を聞いた時に、自然と頭の中に虎造版次郎長伝が、脳内再生される。そこから外れるというのは、やっぱり、まず最初は「違和感」なんだということ。

そこまで浪曲ファンではない、というお客様からも「思った以上に違和感があった」という正直なご感想をいただきました。

その通りだろうなぁ、と。至極至極、まっとうなご感想だと思います。

私の頭の中でも、虎造版が再生されますし、本番での第一声の時も「あの調子で出ないように、出ないように。。。」と心の中で念じながら唸ったくらいです(笑)

 

それでも、やってよかった。と心から思えました。

 

それは、おそらく、今のタイミング、ということも、大いにあると思います。

お客様の中にも、虎造版を、そこまで聴いていない世代の方が多かったり、それこそ、私自身も「虎造版を聴いて育った」なんて世代ではないので、前記した違和感についても、耐えられる違和感の範囲といいますか。

違和感ではあるんですが、

 

面白がれる違和感。

 

そして、虎造版をほとんど聴いていない方も、今はたくさんいらっしゃるということ。

 

もう一つは、虎造先生の口演が、「話芸」の一流のテクニックに満ちているということ。

ものまねにならないように、台本に起こした後は、聴きこまないようにして取り組んでいるのですが、台本にしただけでも、会話の間合いとか、運び方とか、一般的な「浪曲台本」とのその違いたるや。

 

リアルなんですよ。ものすごく、「生」っぽい会話なんですよ。

 

その生々しさ、と、浪曲特有の「唸る」という「ミュージカル的な話芸の演出」、つまり、オーバーな部分、嘘の部分、との調和というのが、ものすごく難しいので、一概に「生」っぽければ良い、というのではないのですが、当たり前ですが、「その登場人物が本当に会話しているように聞こえる」のが、どんな演出であれ、話芸として優れていることは間違いないわけで。

それが、台本の時点で、クオリティがものすごい。

無礼な表現かもしれませんが、天狗連の方々(素人)がやっても、虎造版次郎長伝のセリフが、かなり、聴くに耐えうるものになるのも、そのためであることは間違いないんじゃないかと。

(虎造節選手権、というのがあるんですが、素人さんの(正直そこまで上手くない)「三十石舟」のあのシーンを聴いていた、二代目東家浦太郎師匠が、普通に笑ってましたもん(笑)プロの誰を聴いている時より、ニコニコだったなぁ。。。)

 

話を戻しますと、その話芸のテクニック、会話の技術、

その感性を、体験できる、体に入れることができるというのは、ものすごい財産です。

次郎長伝に限らず、玉川太福にとっての財産。これは、間違いなく。

 

自分なりの「次郎長伝」というには、果てしない道のりですが、

ネタおろしの口演を聴いたお客様から、好意的なご感想として「太福版になってましたよ」とか「全然違ってました」と、何人かの方に言っていただけただけでも、非常に心強く、もっともっとと、奮起の気持ちになります。

 

全23話。

 

3ヶ月ごとに2話ずつですから、3年近くかかるわけですが、

それくらいのペースでやれるというのも、今の私にとってはちょうど良いのかなぁ、という気がしております。

時間をかけて、いろんな意味で、変化しながらじっくり取り組めるのでは、と。

 

不安は。

 

お客様が、前回の筋を忘れちゃうこと(笑)。3ヶ月なので、それは当然で。

あと、途中参加のハードルが、どんどん高くなりゃしないかと。

 

その補足を、どのようにやりましょうか、というのは主催者「いたちや」さんと相談しております。

皆様の中にも、ご意見ご要望などありましたら、

お気軽にメールでも、見かけた時にでも声をかけてください。

 

 

あとは、浪曲協会事務局長として、賃貸契約書を作成したこと(笑)

私の人生にとって、前代未聞の取り組みでした。

 

 

何かありましたら、

tamagawadaifuku@live.jp

まで、お気軽にご感想などお寄せくださいませ。

 

 

お読みいただきありがとうございました。

また6月も楽しみな会がたくさんありますので、お付き合いいただけましたら幸甚です。

 

 

玉川太福 拝

 

 

関連記事

h28-11%e3%80%8c%e7%94%b7%e3%81%af%e3%81%a4%e3%82%89%e3%81%84%e3%82%88%e3%80%8d%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e4%bd%8e

11月5日「浪曲『男はつらいよ』を聴く会」浅草・木馬亭

11月5日(土)浅草・木馬亭にて「浪曲『男はつらいよ』を聴く会」を開催いたします。 木馬亭は1

記事を読む

H29.8あかぎ寄席(表)

8月の予定でございます。(8/16更新)

8月の予定。取り急ぎ、公演情報のみですが、随時更新します。   3日(木)※ご

記事を読む

C3A5C286C299C3A7C29CC29F-fd231-thumbnail2

三扇会

たくさんのご来場をいただきまして、まことに有り難うございました!! 個人的には、ネタおろしの「

記事を読む

no image

天保水滸伝車読みの会、ご来場ありがとうございました!

感想…ただ一言、     愛山先生に痺れました。 &nb

記事を読む

no image

錦鯉の長谷川さん

私の、小さい頃…具体的には小学校5年生くらいからの夢は、   コント作家になる

記事を読む

no image

ブログ始めました

ブログを始めました。 さて… さてさて… …えーっと、その、つまり、 明日か

記事を読む

take

最後の独演会「国本武春お別れ会」のご案内

木馬亭さん、武春堂さん、浪曲協会とで本日も打ち合わせをいたしました。   かな

記事を読む

H30.4木馬亭(裏)

「玉川太福芸術祭新人賞を祝う会」満員御礼。

木馬亭定席・企画公演「玉川太福芸術祭新人賞を祝う会」、ご来場くださいまして有難うございます。

記事を読む

no image

高円寺経済新聞さまに載せていただきました!

第二回西荻浪曲フェスティバルの記事、写真付きでございます!   「高円寺経済新

記事を読む

170119144616

「舞台×ドキュメンタリー×浪曲師玉川太福譚」を終えて(前編)

1月19日から22日まで、「舞台×ドキュメンタリー 浪曲師玉川太福譚」にご来場くださいまして、心より

記事を読む

118
玉川太福オフィシャルHPがリニューアルしました〜

新サイトのアドレスは、   http://tam

auto-VNuwnr
1月の予定でございます。

元日(火) 「浪曲定席木馬亭〜新春特別興行〜」11時開演 10時

1bMHCL2792_FH1A_H1-4_N2355_prep.pdf
11/28 CD「浪曲 玉川太福の世界」ソニー・ミュージックダイレクトより発売!

特設サイト: http://www.110107.com/s/ot

玉川太福 AASS7433a
【お仕事のご依頼・お問い合わせ】

【浪曲の口演】 ・古典演目…お馴染み「忠臣蔵」、「天保水滸伝

170119210413
すこ〜し先の予定でございます。(1/5更新)

「会の情報は早いほどありがたい!」というご意見をいただきましたので、毎

月例木馬亭H30.3~5月(低)
「 玉川太福”月例”木馬亭独演会」のご案内

第一回玉川太福”月例”木馬亭独演会、無事に開催することが出来ました。

USER9253
2018年演目一覧と御礼。

今日は12月30日。 さきほど、ニッポン放送で中村こずえさんの番

H30•12鍛耳会スペ
12月の予定でございます。(12/9更新)

お待たせしすぎました。本当にすみません。 そして、どうかご予定の

→もっと見る

PAGE TOP ↑