*

HAIDAKO第二回公演ありがとうございました。

公開日: : 最終更新日:2014/12/16 ご挨拶・御礼, 最新の投稿

勇人、一太郎、太福、孝太郎、頭文字をとって名付けました、

浪曲チーム「HAIDAKO」。

 

ご後援者さまのおかげによりまして、今回も国立演芸場にて若手男性浪曲師4人の会を開催することができ、

また、師走というご多忙の時節にも関わらず、たくさんのご来場をいただきまして、心より厚く御礼申しあげます。

 

第二回公演、無事に終えることができました。

 

 

•••ほっ。

 

とする間もなく、終演後はとくに番組プログラムに関しまして、「忠臣蔵」というサブタイトルに相応しい内容になっていない!とお怒りのご指摘もいただきました。(怒ることもないんじゃないかなと思うんですが。。。)

 

「勉強不足」と言われてしまえばそれまでなのですが、同じ話芸の噺家さんや講談の方々のように、本人がやりたい演目を自由に教わることができる、覚えることができるという習慣が、わたしたち浪曲の世界にはありません。

基本的には、師匠の持ちネタの中から、師匠が「これを覚えなさい」と言って下さったものを覚える。とくに、年明け前の浪曲師には、そこに本人の希望をいれることはとても難しいです。年明け後であっても、師匠が得意としている演目を教えていただけるということは滅多にありません。

 

浪曲界の考えということではなく、あくまで、私個人の経験、見聞きしてきたことから申し上げております。あしからず。

 

浪曲の一席一席というのは、歌手にとっての持ち歌?のような感覚なんでしょうか。代表曲といいますか。

実際、レコード全盛期の頃というのは、一つ一つの演目がその都度、浪曲作家に書かれたものが多く、その演目はその本人だけのもの、という状況だったと思います。

まさに、歌手の一曲一曲というような。

その一方で、「お家芸」というほかの一門では聴くことができない、「玉川なら玉川の」「東家なら東家」の演目というものも多い。

ですから、それを人(弟子)に教えるということは、その演目を自分(師匠)がやらなくなる、ということも珍しくはありません。それくらい、浪曲界において、演目をいただくということが「ちょっとあの師匠に稽古つけていただいて噺を覚えよう」という感覚とかけ離れているのです。

 

昔の浪曲の先生方の中には何百席というネタをもっている方もいたそうですが、現在でいえば、落語や講談の師匠方のように百席もっているような師匠は、いらっしゃらないのではないでしょうか。

うちの師匠で、最後は何席くらいだったのでしょうか。最終的には50席は、なかったのではないでしょうか。(生涯で覚えた演目はそれ以上あったと思いますが、持ちネタとよべるレベルの演目はおそらく)

 

浪曲界のしきたり云々と、お客様のご要望、足を運んでくださった皆様がご満足されたかどうかは、天秤にかけるものでは全くありません。

ご満足いただけなかったのであれば、ひとえに、演者の力不足としかいいようがございません。

ただわたしは、芸の未熟さはともかく、昨晩の口演で悔いが残っている者は、4人の中には1人もいないんじゃないかと感じてます。

 

•••なんだか、ただ御礼を申し上げるつもりが思いもよらぬことを記してしまいました。まあ、思いもよらぬことを書き連ねてしまうことは多々あるんですが、大抵は削除します。いろいろ恐いので(笑)。

 

 

来年12月6日、第3回公演が決定しております。

制約はございますが、覚えることができる演目の中から、自分が惚れることができるネタを探し、お客様に喜んでいただけるクオリティに仕上げまして、国立演芸場にてお客様をお迎えしたいと存じます。

 

浪曲チームHAIDAKO、今後ともよろしくお願い申しあげます。(チーム活動は年一回ですが(笑))

関連記事

h28-11%e6%9c%a8%e9%a6%ac%e4%ba%ad%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

11月の予定でございます。ネタおろし5席の月。(11/17更新)

11月は題して「太福ひとりネタおろしフェス」。 ひと月にネタおろし5席。って、文章打ったり眺め

記事を読む

天保水滸伝車読みチラシ

今月の予定

今年の目標、ブログの存在を忘れない…!   「ブログを忘れる、すなわち、太福を

記事を読む

171104200335

2017年。一年間ありがとうございました。

今年も一年間、お付き合いいただきまして有難うございます。 photo by bozzo

記事を読む

3.21sanninkai_tira160122

「太福・智六・染吉 三人会」ご来場ありがとうございました!

昨日の「太福・智六・染吉 三人会」、無事に昼夜終えることができました。   前

記事を読む

撮影森幸一005a

10年目に。

師匠に弟子入りのお願いをしたのが、9年前の3月5日。   初めての男の弟子と喜

記事を読む

take

最後の独演会「国本武春お別れ会」のご案内

木馬亭さん、武春堂さん、浪曲協会とで本日も打ち合わせをいたしました。   かな

記事を読む

no image

ブログ始めました

ブログを始めました。 さて… さてさて… …えーっと、その、つまり、 明日か

記事を読む

no image

井荻会館〜NHK〜熊楠新作〜長唄発表会

と、4月後半から昨日まで、なかなかタイトなスケジュールで、ブログも更新せずにごめんなさい。 &

記事を読む

あかぎ寄席「太福独演」H28.5

5月の予定でございます。

4/28(金・祝)~5/8日(日)まで毎日 「黄金週間十日間連続読みの会」 9時30分開演 9

記事を読む

月例木馬亭H30.3~5月(低)

3月を振り返りつつ、4月もよろしくのご挨拶。

3月の仕事、昨日の「浪曲十八番」録音にてすべて終了。。   大阪6日間、ニュー

記事を読む

玉川太福(スタジオA)
【お仕事のご依頼・お問い合わせ】

【浪曲の口演】 ・古典演目…お馴染み「忠臣蔵」、「天保水滸伝

月例木馬亭8~10回
7月の予定でございます。

お待たせしましたーっ。ぜひぜひご予定のほどっ!  

170119210413
すこ〜し先の予定でございます。(7/15更新)

「会の情報は早いほどありがたい!」というご意見をいただきましたので、毎

月例木馬亭H30.3~5月(低)
「 玉川太福”月例”木馬亭独演会」のご案内

第一回玉川太福”月例”木馬亭独演会、無事に開催することが出来ました。

jacketマザー
DVD「新世紀浪曲大全 玉川太福」通販のご案内

ご自宅でも玉川太福の浪曲をお楽しみいただけます。  

月例木馬亭8~10回
6月の予定でございます。

遅くなりすぎまして申し訳ありません。。 バタバタで更新しておりま

USER9253
怒涛の5月を、もう振り返る。

先ほど、怒涛の5月を締めくくる次郎長伝二席、ネタおろし終えました。ヨロ

→もっと見る

PAGE TOP ↑