*

2月。西から、来ます。

14日に、真山隼人さん。東京出張勉強会にゲストでお声がけいただきました。負けじと慣れない熱演をしてみようか。いや、その対極を強調してみようか。いずれにしても、何かしら意識せざるを得ない方です。

 

21日に、笑福亭智六。いや、智六さん。そろそろ、お互い呼び捨てにしてもいいじゃないか、そんな気持ちが湧くのは、年も芸歴もほぼ一緒の、この方くらいかもしれません。

余談ですが、師匠福太郎も、関西の松浦四郎若師匠とだけは、なぜかお互い呼び捨ての間柄でした。四郎若師匠は「なんでか、福太郎が呼び捨てでくるから、こっちも呼び捨てでいくねん」とおっしゃってました。

 

21日は、私にとって、初の「連雀亭」でもあります。浪曲師未踏の地(今のところ、たぶん)。そして夜は、「JUHA」さんです。

 

「太福と智六 vol.4」

19時開演。18時半開場。木戸銭:2000円(要ワンドリンクオーダー)

西荻窪「JUHA」http://www.juha-coffee.com

ご予約:tamagawadaifuku@live.jp 090-8173-8948 もしくは、JUHAさんのほうでも承っております。

 

JUHAさんに無理言って、書き入れ時の土曜夜をお借りしました。何とぞおはこびを。でも、初の連雀亭も何とぞ。なってるハウスも何とぞ。何とぞばかりですみません。でも何とぞ。何とぞ何とぞ。

真山隼人東京出張勉強会2ol

太福と智六フライヤーOL

 

「太福と智六」チラシデザインは、今回も奈良のサトリデザインさん。大感謝。

 

 

関連記事

no image

明日から大阪行ってきます。

11日の橘也兄さんとの二人会から始まり、 12日たけ平兄さん、貞寿姉さんと「三扇会」で「蛇園村

記事を読む

take

最後の独演会「国本武春お別れ会」のご案内

木馬亭さん、武春堂さん、浪曲協会とで本日も打ち合わせをいたしました。   かな

記事を読む

no image

小権太兄さん、真打ち昇進…!

根岸の西念寺というお寺さんで、二人会をかれこれ8回ほどご一緒させていただいている、噺家の先輩、柳家小

記事を読む

h28-11%e6%9c%a8%e9%a6%ac%e4%ba%ad%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

11月の予定でございます。ネタおろし5席の月。(11/17更新)

11月は題して「太福ひとりネタおろしフェス」。 ひと月にネタおろし5席。って、文章打ったり眺め

記事を読む

ura-thumbnail2

コクチ

私が、足掛け4年、勉強会の拠点とさせていただいているのが、 「西荻窪」。 「串焼き処きんぎょ

記事を読む

no image

あと10日!

そうです。 あと、10日なんです。 何が? 「第一回西荻浪曲フェスティバル

記事を読む

no image

木馬亭夏祭り、ご来場ありがとうございました。

今年で5回目の、浅草21世紀さんとの合同公演。   今回は、浦太郎師匠もフリー

記事を読む

2013_rokyoku2

宣伝!

同じ話芸の落語•講談には、「前座」「二つ目」「真打ち」 という身分階級があります。 身分階級

記事を読む

H27.6天どんと太福

「天どんと太福」特選ニッポリ演芸二人会

三遊亭天どん師匠とわたしという、大変光栄な機会を「落語カーネル之会」様よりいただきました。

記事を読む

H27.5満福vol1チラシ

「太福満福」始まります。

落語会をプロデュースされている「ごりんや」様から、 私の会を始めていただけることになりました。

記事を読む

170119210413
すこ〜し先の予定でございます。

「会の情報は早いほどありがたい!」というご意見をいただきましたので、毎

auto-fj6xGq
1月の予定でございます。

まずは、公演情報のみですみません。定例の会、新企画。いろいろです。元日

DJ4aM4LUMAAWFw3.jpg-large
12月の予定でございます。(12/12更新)

ご案内文など追記しますが、まずは公演情報のみですみません。 &n

月例独演会2~4チラシ(ピンク)
「 玉川太福”月例”木馬亭独演会」のご案内

第一回玉川太福”月例”木馬亭独演会、無事に開催することが出来ました。

玉川太福(スタジオA)
【お仕事のご依頼・お問い合わせ】

【浪曲の口演】 ・古典演目…「忠臣蔵」「清水次郎長伝」などの侠客

jacketマザー
DVD「新世紀浪曲大全 玉川太福」通販のご案内

ご自宅でも玉川太福の浪曲をお楽しみいただけます。  

第11回なすかぼ二人会チラシ
11/18「第11回 東三楼・太福の なすかぼ二人会」お席ございます〜!

今月も半分まできましたが、なかなか濃い日々の連続で、一皮むけたようなそ

→もっと見る

PAGE TOP ↑