*

「玉川太福芸術祭新人賞を祝う会」満員御礼。

公開日: : ご挨拶・御礼, 最新の投稿

木馬亭定席・企画公演「玉川太福芸術祭新人賞を祝う会」、ご来場くださいまして有難うございます。

当日券のみの興行でしたが、トラブルなども一切なく、満員御礼にて終えることができました。

 

幕が開いて驚いたのは、満席の光景ということももちろん、

 

「え・・・今日お仕事では・・・!?」

 

というお客さまが、何人も何人も。。。有給をつかったり、シフトを調整したり、とにかく都合をつけて駆けつけた!そんなお客様が、たくさん。ご遠方からのお客様もたくさん。もちろん、私が知らないだけで、いろんな諸事情があるなか、文字通り、

”万難を排して”

来てくださったんだなぁと思うと、本当に頭の下がる思いがしました。

 

本当に、ありがとうございます。

 

開口一番の小そめさんが、まず相当良かった。小そめさんは「ちんどん月島宣伝社」として、受賞公演でもゲストをつとめてくれていたので、まず今日の出番が一緒だったことがとても嬉しかったし、その小そめさんが、開口一番のマクラで受賞のお祝いを、チンドン屋さんを彷彿とさせるほど景気良く、明るく、元気に言ってくれて、それで番組全体がものすごくいい流れになったは間違いなく。

 

師匠方が「トップバッターはとても大事なんだよ」と口にする意味、今日はとても感じました。

 

みね子師匠は別格という前提で申し上げますけど、

 

私がいまあることの大恩人、そのツートップである勝子師匠と奈々福姉さん。

そのお二方がご一緒だったことが実に嬉しかったし(たまたまだけど、そういう番組だったからこの日になったわけですが)、本当に偶然で、講談のお出番が三扇会でいつもご一緒してる貞寿姉さんだったこともまた嬉しく。ちゃんとお祝いの一席を読んでくださり、高座の上で、芸を通して祝っていただけるってのは、本当に嬉しいんです。

ちょっとしたことなんだけどね。

マクラで触れてくれてもいいし、一席の中にいれてくれてもいいし、お終いのところで触れてくれても、どこでもいい。

で、慣れたネタなら芸人にとって、そんな手間なことじゃない。

でも、それをやってくれるかどうか。この差はとっても大きい。相手に対して、本当の気持ちがあるかどうかって差だから。

 

奈々福姉さんは、受賞を本当に本当に心から喜んでくださった一人だし、今日の勝子師匠のご挨拶は、月例独演会のときとはまた違って、「太福を育てた一人です」という身内側に立っての、「受賞記念公演」という会の格をあげてくださるような、きちんとした形でのお祝いのお言葉でした。この会、この場を、それだけ尊いものと扱ってくださっている。本当にありがたかった。

 

そんな尊い場で、出番が終わってそのまま、仲入りでアイスを販売してしまったよ。。。

 

当たり前の定席の一日、一公演だったようにも感じるし、ものすごく特別な公演でもあったような、この「定席の中で祝っていただく」という感覚が、初めてのことでなんだかとても複雑な心地です。主催はあくまで木馬亭・浪曲協会の興行だし、わたしはその中のあくまで一演者だし。

でも、それだけに、特別な立場になるってことがまずないことなので、今日のこの感覚ってのは、どんな心地であってやっぱり特別で得難いことなんだ、と思ったり。

 

そろそろ言ってることがわからなくなってきたな…ノンアルコールなのに。。

 

まあ、朝からちょっとふわふわしてたんだなぁ、というのは間違いなく。

 

まず楽屋入りしてから、差し入れのサンドイッチを買いにいって、で、さっそくに先輩からいただいたお祝いなんかをいれたクリアケースを、自転車のカゴにいれたまま楽屋に戻ってしまい。。

15分は経っていたかなぁ。

 

ちゃんとありました笑。一瞬でも疑ってごめんよ・・・浅草。

 

で開演してからは、可愛いお嬢さんからもらった差し入れをどこかに置いたままにしてしまい、終演後にみね子師匠に届けてもらい。ごめんなさい。終演後は余韻に浸る間もなく、上野で打ち合わせ、終わった帰るときに、携帯を椅子においたまま立ち去ろうとして引き止められ。ありがとう。

 

どれも楽しい思い出です笑。

 

ほかにも色々おもうところは結構あって、そのせいで少しマクラで口ごもったりもしたんだけど、今思えば、言わなくて正しい判断だったぜオレ笑。また明日以降の会で、マクラで面白く話せたらと。

 

また明日から、というか今晩から地道にコツコツと恐れずグングンを同時並行で精進します。

 

 

兎にも角にも、本当にありがとうございます。

 

 

 

今日の会に来たせいで、会社やご家族と揉めたという苦情は、一切受け付けません笑。

 

 

玉川太福 拝

関連記事

第19回西荻寄席チラシ(訂正)

4月の予定でございます。(4/6更新)

  3日(月) 「太福・昇々二人会」19時30分開演 19時開場 出演:

記事を読む

140127

波乱万丈、三扇会ご来場ありがとうございました!!!

25日昼の「浪曲波乱万丈!」そして、夕方からの「三扇会」、ご来場いただきまして、 ありがとうござい

記事を読む

FullSizeRender-4

「第三回ソーゾーシー」ご来場御礼。

2017/9/2「第三回ソーゾーシー」新宿末廣亭。   思い出しても、

記事を読む

太福と智六フライヤーOL

2月。西から、来ます。

14日に、真山隼人さん。東京出張勉強会にゲストでお声がけいただきました。負けじと慣れない熱演をしてみ

記事を読む

no image

大田区民プラザ、ご来場ありがとうございました。

今年4回目の大田区民プラザ小ホールでの独演会。 初のゲストは、大利根勝子師匠。前橋より駆けつけ

記事を読む

no image

一日4席

昨日は、独演会2カ所掛け持ちで、一日4席。 ご来場いただきましたお客様、誠にありがとうございま

記事を読む

POLA_No1

11/4「玉川太福”月例”木馬亭独演会」ご予約の皆さまへ

ご予約のお客様へ   この度は、「第一回 玉川太福”月例”木馬亭独演会」にご予

記事を読む

no image

お座敷列車

初めて乗ってまいりました。   中野区の観光大使もつとめておられる、講談の山緑

記事を読む

IMG_1467

太福三席、ご来場ありがとうございました!!!

「天保水滸伝 繁蔵の売り出し」 「10年」 仲入り 「天保六花撰 河内山と直次郎」

記事を読む

IMG_0394

5/25神楽坂にて、独演会。始まります。

落語は萬橘師匠、講談は松之丞さん。浪曲は、太福。   三者が、入れ替わりに毎月

記事を読む

118
玉川太福オフィシャルHPがリニューアルしました〜

新サイトのアドレスは、   http://tam

auto-VNuwnr
1月の予定でございます。

元日(火) 「浪曲定席木馬亭〜新春特別興行〜」11時開演 10時

1bMHCL2792_FH1A_H1-4_N2355_prep.pdf
11/28 CD「浪曲 玉川太福の世界」ソニー・ミュージックダイレクトより発売!

特設サイト: http://www.110107.com/s/ot

玉川太福 AASS7433a
【お仕事のご依頼・お問い合わせ】

【浪曲の口演】 ・古典演目…お馴染み「忠臣蔵」、「天保水滸伝

170119210413
すこ〜し先の予定でございます。(1/5更新)

「会の情報は早いほどありがたい!」というご意見をいただきましたので、毎

月例木馬亭H30.3~5月(低)
「 玉川太福”月例”木馬亭独演会」のご案内

第一回玉川太福”月例”木馬亭独演会、無事に開催することが出来ました。

USER9253
2018年演目一覧と御礼。

今日は12月30日。 さきほど、ニッポン放送で中村こずえさんの番

H30•12鍛耳会スペ
12月の予定でございます。(12/9更新)

お待たせしすぎました。本当にすみません。 そして、どうかご予定の

→もっと見る

PAGE TOP ↑