*

中村仲蔵

公開日: : 最終更新日:2014/12/26 ご挨拶・御礼, 最新の投稿

奈々福姉さんとの「清き流れの玉川姉弟会 浪曲浮かれナイト vol.10」、ご来場ありがとうございました。

 

奈々福「梅ヶ谷江戸日記」 みね子

太福 「中村仲蔵」    みね子

 

「中村仲蔵」

 

このネタ、私は好きだ。

 

いや、好きになった。というほうが正しい。

 

師匠が口演しているネタの中で正直、特別好きなものではなかったし、漠然と「大ネタ」という意識もあって、もっと先で覚えるものと思っていたのに、恥ずかしながら、なんとなく、というか、ふと、

「よし、次は仲蔵を覚えよう」

と思ったときは、こんなふうに自分が取り組むとは思っていなかったです。

 

よし、と思えたのは、講談や落語の二つ目の方がけっこうやっているのを知って、じゃあ私もいいのかなと。「え、そんなもんなの?!」と思われるかもしれませんが、「はい、そんなものです」。

 

落語、講談でも有名なネタだけあって、色んな先人たちの口演を聴けること。まずこれが本当に有難く。浪曲の場合、前にブログでも書きましたが、台本の作者が浪曲師と別であることがほとんどであるため、台本に手をいれるという作業を、浪曲師はあまりしないんです。

小菅一夫•作の台本をもとに、それを自ら演出(たぶん脚色も)して大成功したのは、二代目広沢虎造先生ではないでしょうか。

三門博先生も、初代浦太郎先生の師匠、東家楽浦先生も作家として有名ですが、なんというか、虎造先生のほうがもっと落語的な取り組み方といいますか。

実際に、虎造先生は落語家さんのアドバイスを取り入れて、あの「飲みねえ、食いねえ」の次郎長伝を完成させたと聞きます。

 

私も、毎回自分なりの色、解釈を加えて口演するようにと思っておりますが、とはいえ、師匠が残したものを、「ああ、この部分は、こう言ってみよう」「このギャグは変えよう」とか、真似はしないようにしないようにと心がけつつ、台本自体をがらっと変えることまではしたことが無かったんです。

「中村仲蔵」浪曲の台本を書かれたのは、近年で浪曲界への最大の功労者の一人、芝清之先生。

ところが、この、芝先生が書かれた台本が、落語、講談とまるでちがう。

 

本当に、もう、全然違う。

 

三代目中村仲蔵の著書「手前味噌」の中で書かれている初代仲蔵とも、全然違う。

 

さて、この全然違うものを、芝先生も亡くなられている今、そのままやってお客様に何か聞かれたときに、なにも答えられない、なにを根拠に口演しているか答えられない、それは嫌だった。

あまりにも、無責任というか。とくに、実在した人の話として。

 

教わっていない落語、講談から勝手にいただくことははばかられるので、事実というか、細部の根拠は「手前味噌」に決めました。物語としての演出は、芝先生が作られたものを、落語講談とは違うものとして、そのまま生かす方向で。

 

主人公の人物像から、物語の展開から、会話のほとんどまで、自分で作り変えるという作業。

 

とても、楽しかったし、「ああ、きっと私の好きな落語、講談の方は、どのネタでもきっとそういうふうに、自分なりに必ず作り変えて、自分のものに仕上げて口演しているんだろうなぁ」と思えたのが本当に大きかった。

これまでのネタでも、徐々にそういう面を大きくしてきてはいたけど、どこかで、思い切り変えたりすることははばかられていたのだけど、今回で吹っ切れた感じです。

 

そうして作ったネタには、愛着がわく。どんどん育てたいと思う。

 

とはいえ、今回はもろもろがおっつかず、かなり余裕のない、早産なネタおろしでした。

なんとも無事にやり切れたのも、この「中村仲蔵」をずっと育てたいと思えたのも、こういうふうにどのネタでも取り組まなきゃと思えたのも、当日あの瞬間にお付き合いくださったお客様のおかげでございます。

 

心より感謝申し上げます。

 

 

浪曲が、楽しくなってきた。少しだけ、いや、本当に少しだけ。いや、楽しいなんていうと余裕みたいですが、全然あの、難しくて難しくて、あの…ごにょごにょ…。

 

関連記事

IMG_0394

5/25神楽坂にて、独演会。始まります。

落語は萬橘師匠、講談は松之丞さん。浪曲は、太福。   三者が、入れ替わりに毎月

記事を読む

no image

御礼

TPP(玉川太福、ピンチにつき(経済的に)、プチ援助をお願いします)、太福羽織基金へのご寄付、たくさ

記事を読む

no image

明日から大阪行ってきます。

11日の橘也兄さんとの二人会から始まり、 12日たけ平兄さん、貞寿姉さんと「三扇会」で「蛇園村

記事を読む

no image

11月の予定でございます。新潟も。

1日(日) 「第19回 竹扇松戸落語会」 14時開演 会場:松戸東口会館(松戸市小根本2

記事を読む

170119144616

「舞台×ドキュメンタリー×浪曲師玉川太福譚」を終えて(前編)

1月19日から22日まで、「舞台×ドキュメンタリー 浪曲師玉川太福譚」にご来場くださいまして、心より

記事を読む

logo

JCOMさんの『西荻浪曲フェス』取材の放送日程 (後日、YouTubeへの動画UPもあります)

  JCOMさんが、『西荻浪曲フェス』の取材をしてくださいました。JCOM加入の方は

記事を読む

no image

大田区民プラザ、ご来場ありがとうございました。

今年4回目の大田区民プラザ小ホールでの独演会。 初のゲストは、大利根勝子師匠。前橋より駆けつけ

記事を読む

POLA_No1

玉川太福『月例』木馬亭独演会(11/4)のお知らせ

タイトルの通りでございます。   11月から毎月、木馬亭の夜席で独演会を開催す

記事を読む

DJ4aM4LUMAAWFw3.jpg-large

12月の予定でございます。(12/12更新)

ご案内文など追記しますが、まずは公演情報のみですみません。   1日(金)

記事を読む

no image

御礼!!

昨日は、国立演芸場「大演芸まつり」にご来場いただきまして、 誠にありがとうございました!!

記事を読む

170119210413
すこ〜し先の予定でございます。

「会の情報は早いほどありがたい!」というご意見をいただきましたので、毎

image1-2
1月の予定でございます。(1/18更新)

まずは、公演情報のみですみません。定例の会、新企画。いろいろです。元日

月例独演会2~4チラシ(ピンク)
「 玉川太福”月例”木馬亭独演会」のご案内

第一回玉川太福”月例”木馬亭独演会、無事に開催することが出来ました。

玉川太福(スタジオA)
【お仕事のご依頼・お問い合わせ】

【浪曲の口演】 ・古典演目…お馴染み「忠臣蔵」、「天保水滸伝

jacketマザー
DVD「新世紀浪曲大全 玉川太福」通販のご案内

ご自宅でも玉川太福の浪曲をお楽しみいただけます。  

171104200335
2017年。一年間ありがとうございました。

今年も一年間、お付き合いいただきまして有難うございます。

IMG_2665
たくさんのお祝いの言葉、ありがとうございます。

このたび、平成29年度(第72回)文化庁芸術祭・大衆芸能部門新人賞をい

第11回なすかぼ二人会チラシ
11/18「第11回 東三楼・太福の なすかぼ二人会」お席ございます〜!

今月も半分まできましたが、なかなか濃い日々の連続で、一皮むけたようなそ

→もっと見る

PAGE TOP ↑